1. TOP
  2. 脱毛
  3. やっちゃだめ!ムダ毛の自己処理が招く悲劇
ライザップ紹介

やっちゃだめ!ムダ毛の自己処理が招く悲劇

自己処理の方法によって幾ら保湿ケアを行っていても肌トラブルが起きてしまう場合があります。脱毛サロンとは違い処理にムラが出てしまい、皮膚下に毛が潜んでしまうことがあります。これを埋没毛と言います。この肌トラブルで一番やってはいけない方法はピンセットなどで毛を抜こうとする事です。

皮膚下の毛を抜くと言う事はどの方法でも皮膚に穴をあけることになります。

そうすると人体が傷と判断して修復する為に毛穴が塞がり、再び埋没毛になってしまうのです。また傷口から雑菌が入り炎症を起こしてしまう可能性があります。

この対処法としてボディスクラブなどで古い角質を取り除いてあげましょう。

また自己処理後、肌を見てみると赤いポツポツが出来ていたり痒みがあることがあります。

これは毛嚢炎といい、肌が熱を持っている状態です。カミソリなどで毛穴が傷ついて炎症を起こしている状態ですので消毒などなるべく清潔な状態にしておくように心がけておきましょう。

最後に自己処理を何年も行っていると場合によって色素沈着が起きる場合があります。

何度も肌への強い刺激を受けてメラニンという皮膚下の組織が肌を守ろうとするために起きる現象です。

自己処理を中止することが一番ですが難しい場合は美白系の化粧品を使用する事をおすすめします。

 

 

脱毛コラム

 

キレイモは体を細くする脱毛を採用している脱毛専門美容院です。

痩せる成分配合のローションを使用して脱毛を行うので、脱毛だけには止まらず、体重減量効果を実感できます。
脱毛と同じタイミングで痩せるので、大事なイベントの前に行ってみることをおすすめします。
月に1度のご来店で他所のサロンに2回通う分の効果があると好評です。
自分の家で脱毛をすれば、脱毛はいつでも行えるので、手間がかかりません。
通常よく行われている自己処理に、剃刀によるものがありますが、肌を傷つけることなく楽に処理することが可能な他の方法として、脱毛剤を使う方法もあります。

脱毛も技術の進化の恩恵を受けており、数多くの脱毛剤が販売されていて、その脱毛法には、毛を毛根から抜いたり、溶かしたりするものもあります。

脱毛ラボの店舗はどこのお店であっても駅のそばにありますので、お仕事を終えたあとやお買い物をしたあとなどに気軽に寄ることができます。
脱毛サロンという言葉からは勧誘がしつこいイメージがありますが、脱毛ラボの従業員は強引な勧誘をしないよう教育されていますから安心してお店に入ることができます。

もしも納得いかなければ全額返金のサービスがあるほど脱毛サロンとして効果には自信を持っています。脱毛器を買う時に、気になるのが値段ですよね。異常に高額なのであれば、エステやクリニックに行った方が安くなるかもしれないので、考慮しない人はいないはずです。脱毛器の値段は5万円~10万円程度だといえます。廉価なものだと1万円台で買うことも可能です。

しかし、あまりにも安いと脱毛効果が薄いことがあるでしょう。近頃では、夏冬関係なく、それほど着込まないファッションの女性が大勢いらっしゃいます。
女性の方々は、ムダ毛の処理方法に毎回頭を悩ませていることと思います。

ムダ毛のない肌を保つ方法は様々ありますが、一番手間の掛からない方法は、出かけなくてすむ脱毛ですよね。脱毛ラボは全身脱毛コースをメインとしている大手の脱毛サロンです。

同じようなコースを他の店と比べると料金が安く、気軽に安心して全身脱毛を行えます。

また、月ごとに分割して支払えるので、一括で支払わなければいけないことがないのです。

また他にも、脱毛ラボでは処理に痛みを感じさせないことでも有名です。そして、自社開発の専用ジェルを使ったSSC脱毛という独自の方法で処理がされており、痛くない脱毛を心がけて実践しているのです。

脱毛器の購入に際しての注意点は、安全性、使いやすさ、購入後のサポートの3点です。どれほど脱毛効果が高くても肌荒れや火傷といった副作用の起きる脱毛器は使用することができないので、買う時は安全性を確認してください。脱毛器の取扱の方法も購入する前に調べてみましょう。買った後のサポートが充実しているといざという場合に安心です。ワキの脱毛で光脱毛を選択する女性が多いものです。
ムダ毛の毛根は光脱毛なら壊すことが可能ですから、ワキ脱毛にもってこいでしょう。

レーザー脱毛より、脱毛効果に引けを取るものの、感じる痛みが少なく安いというメリットがあります。
肌に対するダメージが少ないのも、ワキ脱毛で利用されることが多い理由でしょう。

病院での脱毛は安全性が高いとされていますが、それだからといって100パーセント安全という訳ではありません。医療脱毛でも、火傷、吹き出物あるいは毛濃炎などの危険性があります。

医療機関での脱毛に限らず、こういったリスクはエステ脱毛でも発生する可能性があるものです。

脱毛をするなら、多少でも評判がいいところで施術をしてもらってください。
vio脱毛とはアンダーヘアの箇所の脱毛です。アンダーヘア部は皮膚が薄いので、刺激に弱く痛みを感じやすい部分です。医療脱毛だと刺激がかなり強くだめだと思っている人もいるかもしれませんが、医療脱毛の方がエステ脱毛に比較してより綺麗に脱毛可能です。

問題が起こっても医師がいるので、安心できます。

\ SNSでシェアしよう! /

ムダ毛処理の注目記事を受け取ろう

ベルルミエール ラザウォーク双葉

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ムダ毛処理の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 女子の悲しい悩み・・・。夏が終わってもムダ毛ケアは終わらない

  • カミソリ?毛抜き?サロン?むだ毛お手入れ方法メリット?デメリット

  • 【子供脱毛】毛深い幼児・子供・小学生の悩みを解消!

  • 脱毛のベストシーズンは夏じゃない!秋からの脱毛のススメ

  • 女子大生がムダ毛処理にかける時間は・・・なんと1時間以上!?

  • 美白や脱毛は冬がキモ!!寒い時期にやっておくと効果的な美容法