1. TOP
  2. 脱毛
  3. イタ女子になってない?肌が傷つく、NGな美容習慣5つ
ライザップ紹介

イタ女子になってない?肌が傷つく、NGな美容習慣5つ

脱毛   254 Views

開放的な夏を楽しく活動的に過ごすためには、日々の美容習慣が大切です。正しいと思ってやっている美容習慣が本当は夏ブスを作っている、なんてことのないようにしっかり見直しておきましょう。

夏といえば海や川で水着を着る機会があります。そんなとき、ムダ毛のお手入れはどうするのが正しいでしょうか。

前の日や当日処理するという方が多いと思いますが、それは間違った方法です。

毛根にはサイクルというものがあります。百パーセント綺麗な状態で水着を着るためには遅くても一ヶ月前から地道に処理をしておくことが必要です。

また、暑いからといって水ばかりガブガブ飲むのも美容のためにはよくありません。

よくデトックス効果、などと聞きますが夏は逆に汗が増えて脱水症状になったり出し切れない水分でむくんだりします。

適度な量をこまめに摂るようにしましょう。

そして若い年代の女性に多いのが、どこに行くにも最高度の日焼け止めを塗りたくるというケースです。

焼けたくない気持ちはわかりますが、肌を健康的に保つためには時と場合に応じたものを選ぶようにしましょう。

脱毛コラム

ツルスベ肌になるように全身脱毛するにはエステティックサロンに行くことをオススメします。街の脱毛専門サロンだと高機能な機械で技術者にサービスして貰うことができるため、期待を裏切らない効き目を実感する事が多いと考えます。

脱毛器で脱毛する前に、きちっとシェービングをしてください。「肌が弱くてカミソリをしなくても良いように、わざわざ家庭用脱毛器にしたのに」などと煩わしさを感じる人がいるようですが、面倒くさがらずに前処理しておきましょう。

日本全国を見渡しても、脱毛サロンは完全に市民権を得ていると言って過言ではないくらい、脱毛サロンは増加の一途。お金の発生しない特典やパッチテストを体感できる脱毛エステの数も非常に多いです。

初めて脱毛専門サロンでのVIO脱毛をやる日は緊張するものです。初回は誰しも抵抗感がありますが、体験してしまえば他のパーツとそんなに変わらないように感じますので、心配ご無用ですよ。

エステサロンが行なっている全身脱毛の1回の予約時間は、体毛の量や色、質感などによって大差があり剛毛と言われているような硬くて黒い体毛のタイプでは、1日あたりの所要時間も長くならざるを得ないことが多いです。

\ SNSでシェアしよう! /

ムダ毛処理の注目記事を受け取ろう

肌が傷つく、ngな美容習慣

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ムダ毛処理の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 男はしっかり見ています!ベッドタイムのムダ毛がっかりエピソード

  • 男性はなんとムダ毛の「跡」までしっかりチェックしているって本当?

  • 見落としがちな箇所のムダ毛&お役立ち処理アイテム

  • 男性の6人に1人は女性のむだ毛に対して、幻滅した経験アリ

  • 脱毛体験!『ミュゼプラチナム』のフラッシュ脱毛第1回目レポート

  • 女子の悲しい悩み・・・。夏が終わってもムダ毛ケアは終わらない