1. TOP
  2. ダイエット
  3. 面倒で続かないと嘆くダイエッターにおすすめ!簡単ダイエット
ライザップ紹介

面倒で続かないと嘆くダイエッターにおすすめ!簡単ダイエット

 2017/01/26 ダイエット   220 Views

ダイエットしたいけれど、面倒なのは続かない…

そんなものぐさタイプな人には、日常の中で簡単にできるダイエットが一番です。

「ついで」「ながら」にできるダイエット法をご紹介します。

面倒で続かないと嘆くダイエッターにおすすめ!簡単ダイエット

通勤途中やオフィスでできるエクササイズ!

特に夏になると、二の腕のたるみが気になってきます。通勤・退勤時の電車待ち時間などを利用して、バッグを使ったエクササイズをおこなってみましょう。効果は抜群です。

1.バッグを持ってまっすぐに立ち、持ったほうの腕を少しずつ後ろに上げます。

2.限界まで伸ばしたら、肩が動かないように固定してヒジから先を内側に曲げます。

3.曲げる、伸ばすを10回つづけましょう。左右いずれもおこないます。

バッグが重ければ重いほど、良い刺激を二の腕に与えることができます。

オフィスのデスクでこっそりできる太ももエクササイズもあります。

  1. 椅子の背もたれから背中を離して、お尻をやや浮かせるように座ります。
    両膝はこぶし大くらい空けておきましょう。
  2. 左右の膝と太ももがぴったり吸い付くように近づけていきます。
      特に内ももを意識しましょう。
  3. そのままの状態で10秒キープし、5~6回繰り返します。
      背中がだんだん丸まらないよう気をつけてください。

 

深呼吸ダイエット

さらに簡単なのが、正しい呼吸をすることです。

私たちが普段意識せずにおこなっている呼吸は、実はダイエットと密接な関係があります。

正しい呼吸法を身につけると、脂肪が燃焼しやすくなり、気づいたら何もしなくても痩せやすい体になるといわれています。

鼻から吸って鼻から吐きだします。まず吸った時に、下腹部が8割ほどふくらんだところで一度息を止めましょう。

その後、また鼻から吸って限界までふくらませます。

次に、鼻からゆっくり糸を出すようなイメージで少しずつ息を吐きだします。

完全に吐きだしたと思っても、実はまだ肺に空気が残っていることがありますのでさらに最後まで出し切ってください。

1呼吸につき12秒間はかけるのがルールです。

下腹部をしっかりふくらませ、しっかりへこませる、つまり腹式呼吸が大切になります。

痩せにくい人は大体、胸だけで浅い呼吸をしていることが多いため、正しい呼吸法をマスターして脂肪を燃えやすくしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

ムダ毛処理の注目記事を受け取ろう

面倒で続かないと嘆くダイエッターにおすすめ!簡単ダイエット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ムダ毛処理の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 食べても痩せられる「カロリーダイエット」とは?

  • 短期間で集中的に痩せる方法

  • 「ダイエットエステに行きたい」エステでお手軽ダイエット!?

  • 美味しくダイエット!?コーヒーのダイエット効果

  • 脚やせストレッチダイエット!「足首をキュッと引き締めたい!」

  • 最近外食ばっかりで太ってきたような気がする方にメタバリア